リグーリアの暮らしの話。

イタリア・ジェノバより~育児・料理・時々猫も。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-30 [ Thu ]
昨日から義父母の家に居候してます。
28日に大家に鍵を渡す、という当初の予定より遅れてますが(天候不良、クリスマスパーティのせいです)
なんとか明日には鍵を渡すことができそうです。
何度も何度も、重い荷物をかかえながら階段を上り下りしたせいで
軽く筋肉痛になってます。
しかも引越し疲れのせいか、風邪の前触れなのか分からないけど
昨夜、夕食後に急にお腹が痛くなり、トイレへかけ込み、上から下からと(お食事中の方すみません)
自分でもびっくりなほど具合が悪くなって、引越し初日から寝込んでしまいました。
「明日は引越し無理かな・・・」と半分現実逃避気味だったけど、すっかり今朝には回復して、
今日もたくさん荷物を運びました~。
疲れているけど、汗を流しながら久々に運動らしい運動をした!という変な爽快感もあるのも事実。
やっぱり身体を動かすことは大事ですね~。
普段の運動不足なだけ、かな。

そもそも、師走の忙しい時期に引越しなんてするもんじゃないんですけど、
今回はたまたま契約上の都合でこの時期になってしまったんです。
実は、新しい家が見つかるまでに、さっさと今の所を引き払って別の賃貸住宅へ行こうと決めて
実際にその家も見に行ったし、持ち主(ノンノの古い友人でお医者さん)にも話をして
いつからでも入居していい、という状態だったのですが・・・。
今の大家に話すと「ここを出る半年前に言ってもらわないとダメ」
と言われ、契約書にも書いてあるしですぐに出られなかったのです。
仕方なくその半年以内に新居を探し、運良く見つかったのですが
以前にもちょこっとお話しした通り、イタリアでは住宅購入手続きがやたらと複雑、
その上時間もかかるので9月中旬にはほぼ決まっていた契約も
今の今までかかってしまった、というわけなんです。

そしてこの大家。
悪党です、という話はちょっと前にもしたんですが
契約書に疑問を感じたパパさんが、知り合いの弁護士にこれを見せて話を聞くと・・・
「この契約書は誤りがたくさんある
といわれたそうです。
なんでも、「住宅のある地域と広さの相場からいって、今の家には毎月100ユーロは多く払ってる。」
しかも「この大家は家の広さを偽って申告していて(実際の広さより小さく申告)、払うべき税金を減らしている」
とのこと。
このことと関係しているかどうかは分からないけど、私達の前の住人(現在近所に住んでます)
がこの大家を訴えて、裁判沙汰になってるそうです。
もし私達が訴えればダブルで訴えられることになるけど、
私達は新居の手続きやなにやらで忙しいし、もし勝訴しても弁護人曰く、
「払いすぎているお金は多分全部は戻らない。勝っても大家が罰金を払うことになるだけ。」
とのこと。
面倒なので訴えないと思います^^;
この疑惑の大家、これだけにとどまらず。
以前に我が家で水漏れがあった時、工事費は契約したときに加入した保険でまかなわれる
はずだったのですが、それは未だに私達には払われず。
一度聞いてみたけどしらばっくれてました。
そのほか、管理費の一部で住人が払うべきではないものまで私達は払っていたそうです。
そんな愚痴を下の住人(パパの友達)に話していると「ヤツはフルボ(ずる賢い)だからね。」
と、言われたそうです。
そんなら、もっとはやく言ってくれーーー!!(怒)

ノンナの話だと悪党な大家はたくさんいて、家の状態がどうであれ、
そこで契約に合意したのだから、いるならいていい、
いたくないのなら「はい、さよなら。」って言うのはイタリアでは珍しい話ではない、と。

イタリアに来て以来、いろんな人がいて人種や文化の違いを感じることは多々ありですが
大家に関しては(普通の人もいると思いますけど)信じないに越したことはありませんね。
みなさんもお気をつけて。
スポンサーサイト
2010-12-18 [ Sat ]
天気予報どおり、今朝は雪が降りました。
パパはいつも車で仕事に行くんですが、今日は道路が大変なことになっていたらしく
途中で戻ってきました。
じゃー、家でゆっくりお茶でも飲んで・・・
というわけにもいかず、引越しの準備でキッチンの家具の解体作業にとりかかりました。
以前にもちょっとお話しましたが、年内に引越しすることになり、
現在引越し準備真っ只中なんです。
今回は賃貸ではなく、家、買っちゃいました!

「28日に大家さんに鍵を渡す」

とパパさんが言うので、私の中では細々としたものは今から少しずつ箱に入れて
ノンノの家の倉庫に運んで、27日に何人かの手を借りて大きいものを運ぶ、
という解釈だったのですが、どうやらそれは勝手な思い込みだったらしいです。
「これと、これは27日に運べばいいでしょ、で、これは・・・」
と何気なく話すと
「え?!何言ってるの?クリスマス前には全部運ぶんだよ。」
とパパさんに半分飽きれたように言われ・・・。
いくらなんでもクリスマスは今の家で過ごしたいので、なんとか日程をぎりぎりまで
延ばして27日にすべて運び出す、ということにしてもらいました。
なぜ延ばしたいか、というと、
新居が出来上がってなく、工事が終わるまでノンニの家に
また(2年前も1ヶ月ほど居候した経験あり)お世話にならないといけないから・・・!!
ええ、またなんです。
前回と違うことといえば、前は妊娠中だったけれど、今回はフェデリコがいるので
人数も増えて荷物も多いし、いたずら盛りなので何かと大変。
そして今回は工事の日数も以前よりかかるので、居候生活も最低2ヶ月はかかるだろう(パパさん談)
ということ・・・。
ノンニの家に居候させてもらえるのは、二人とも承諾してくれているし
ラッキーだと思うんです、でも、でも、やっぱり一緒に暮らすとなると気をつかうわけですよ。
いろいろと、今から考えると気が重いですが、仕方ないですね。

そもそも、なぜ引越ししようと考えるようになったかというと、
大家が悪党だから!
これにつきます。
以前住んでいた所の大家も悪、でしたが、
今回は『フルボ』(ずる賢い)という言葉がぴったりな大家で、
いろいろと問題があり、このことで弁護士にも相談したくらいなんです。
このことも話すと長ーくなるので、また別の機会に。

それに借りるだけではやっぱり損、ということで家を買うことにしたんです。
イタリアでは家は基本は石でできているので、長持ち。
よっぽどのことがない限り、取り壊して新しく建てることはなく、
たいていの家が古い建物内を改築して新築同様にして売られるのです。
家探しをしていて気づいたのが、
普通に、築100年以上経っている建物があるくらいなんです。
なので古い家でも持っていれば、売ることができるし
買うことは投資の一種でもあるのです(イタリアに限ったことではないですが)。

ということで、
物件探しが今年、日本一時帰国から戻ってきた5月から始まり、
かれこれ4ヶ月ほどほぼ毎週2、3軒は見に行き、やっとみつかった我が家。
(建物探訪って感じで、他人の家を見に行くのは結構楽しかった!)
そんなに大きくはないけど、庭があるのでフェデリコが遊べるし
今の家のようにアパートタイプではないので、上にも下にも人が住んでいるわけでもなく
上の階から垂れてくる洗濯物の水滴を気にすることもなく(←これ重要)
週末になるとパーティに興じる隣人の騒音に悩ませられることなく(怒)過ごせそうです。
今のところより山なので、田舎暮らしになりますけどね。
庭があるとはいえ、ボロボロの家なので(笑)もれなくリフォーム工事がついてきます。
日本的に言えば、古民家改築ってとこでしょうか。(今回もパパさんとノンノがやってくれます)
寒い中の工事になってしまうけど、ある程度まで仕上げたら
あとは移り住んで、少しずつ改築していく予定です。
私も今回は妊婦じゃないから参戦予定!

家の公的な契約(知らなかったけど、いろいろ契約がやっかいなイタリアの家・・・)
が済むのが1月中旬なので、工事が始められるのはその後になります。
ブログでもリフォームの様子を伝えていけたらな、と思ってます。
今から住むことより、改築工事が楽しみな私。

 | HOME | 

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ジェノバの時刻

ジェノバの天気

Click for Genoa, Italy Forecast

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

絵文字(コメント欄で使用可♪)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。