リグーリアの暮らしの話。

イタリア・ジェノバより~育児・料理・時々猫も。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-17 [ Wed ]
今朝起きて窓を開けた時、
あぁ~すっかり秋なんだな
と実感するくらい寒かった。

寒い時はイタリアの家庭ではミネストラをよく食べるらしい
と聞いて以来、我が家でもよく作る。
作り方は簡単。

ズッキーニ
かぼちゃ
インゲン、ボルロット、グリーンピースなどの豆類
じゃがいも
にんじん
パンチェッタ(角切りのベーコン)
玉ねぎ

など、何でも。
家にある野菜を細かく刻んで煮込むだけ
鍋に水と固形スープ(野菜スープの素)を入れて
やわらかくなるまで煮て、途中でパスタまたはお米を入れる。

ミネストラに適している小さいパスタもあって、
我が家で良く使うのは
orechietteの小さいバージョン↓

tripollini↓

もしくは、スパゲッティを布にくるんで
バリバリっ!
と小さく刻んだもの(2cmくらいかな?)を使う。

ありがたいことに
これまた頂き物の圧力鍋で煮ると
ものの20分で出来上がってしまう。
コトコト煮込んでいくより
時間の節約のみならず、煮崩れしないでやわらか~く仕上がる。
出来上がったら、お好みでちょっとオリーブオイルをたらすか
煮込むときにバターを入れて
食べると風味が増しておいしい。
バターはカロリーが高くなってしまうし
パンチェッタの油が出ておいしくなるので、
私は入れないようにしているけど。

何度も作ってたら
さすがに最近飽きてきた。
でも、今日は温かい汁物が食べたい。
と、まず浮かんだのがうどんだった。
うどんは1玉分しか買い置きがなかったから
どうせなら作ってみるか。
と、思い立ち
強力粉と水と塩を混ぜて作ってみた。

なかなかいいんでない?

日本にいたら
考えもしなかった自分で作る手打ちうどん。
茹でてみたら
ちょっと硬かった。
あとでネットで調べると、
分量の1/3は小麦粉を混ぜた方がよくて
しかも数時間寝かせなくてはいけなかったことが判明。
どーりで伸ばすときに硬かった訳だわ・・・
でも決してまずくて食べられない!ってことはなく
「これはきし麺です」
と出されれば、まず問題ない物に仕上がった。

だんな様には、和食の汁物があまりウケがよくないので
とりあえず茹でた後、焼きうどん改めきし麺(ややこしい)
にして食べた。
次回こそ、きし麺にならないように
れっきとしたうどんを作ってみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mareazzurro.blog38.fc2.com/tb.php/101-7fb544ca

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ジェノバの時刻

ジェノバの天気

Click for Genoa, Italy Forecast

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

絵文字(コメント欄で使用可♪)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。