リグーリアの暮らしの話。

イタリア・ジェノバより~育児・料理・時々猫も。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-20 [ Tue ]
日曜にCentroに行ったついでに、キオッソーネ東洋美術館へ行ってきた。

この美術館、キオッソーネさんというジェノバ出身の版画家(&画家)が
紙幣の印刷技術を指導するため、
日本に滞在中に集めた美術品が納められている、とのこと。
1875年から98年まで日本に滞在していて、
財務省紙幣局を指揮していたそうだから
日本の現代のお札が出来上がる基礎はこの人が作った、ということかな。
意外に知られていないけど、日本とジェノバはこういう点でつながっているのねー。

フェラーリ広場から、てくてく歩いて5分もすれば
広場に出て、日本の国旗マークが目に入る。
見かけはうっそうとした森?みたいな小高い丘の上にあった。
敷地内は公園のようになっている。




美術館の外から見た旧市街。遠くに港も見える。


中に入ると仏像や灯篭などがたくさん展示してあって
すぐ横には子供の教育用かイベント用に桃太郎の絵本が
イタリア語訳つきで紹介されていた。
階段を昇るといきなり鎧兜がたくさんあって
ものものしい雰囲気。
だんな様は一番これに興味を持っていたよう。
ほかには印籠や陶器、能面、短刀などいろんなものがあって
その数の多さに驚いた。
一人でここまで集めたのは大変だっただろうなぁ。
一番見てみたかった浮世絵コレクションは、残念ながら午前中しか
開いてないらしく、この日は見ることができなかった。
(ちゃんと調べておかなかったせいです、はい)



一通り見終わって外に出ると、
一応日本をイメージしたらしい、人工の滝がある。



一応、ですけど。
滝の裏側にも行けるらしいので行ってみた。



こんな感じ。
あくまで雰囲気、日本です。
ぷちディズニーランド(ビッグサンダーマウンテンとか)みたいな。

この美術館は日本の雰囲気が味わえるし、
ジェノバを始め、イタリア人に日本を知ってもらうにはいい場所かなー。
ただ、滝の横にある洞窟みたいなところは、
ちょっと危ない雰囲気が漂っているので、
午前中か日が暮れる前に行った方が良さげ。。

また機会があったら、お散歩がてら浮世絵を見に行こう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mareazzurro.blog38.fc2.com/tb.php/124-5a6bd134

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ジェノバの時刻

ジェノバの天気

Click for Genoa, Italy Forecast

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

絵文字(コメント欄で使用可♪)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。