リグーリアの暮らしの話。

イタリア・ジェノバより~育児・料理・時々猫も。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-09 [ Wed ]
昨日はいい天気だったけど、冷たい風がびゅーびゅー吹いていて
めちゃめちゃ寒かった。
でも夕方から地元Bolzanetoをぶらぶらしよう、ということになり
防寒対策ばっちりで出かけた。

まだまだイルミが点けられている。

日本と一緒で、イタリアのほとんどの地域がセール真っ只中。
毛皮製品を扱う素敵なお店。


これぞ、イタリア!的な。


ほとんどが30~50%OFF!!日本と比べるとお得かなー。

地元、といってもまだまだ未開拓な場所があって、
昨日は行ったことのない道、入ったことのない店を中心に回った。
意外にかわいいお店がちょこちょこあったので、
これまた地元再発見。


これはハチミツ屋さん。
いろんな種類のハチミツが棚にたくさん並べられていた。
試食もできるのかもしれないけど、買うつもりないのにお店に入るのも
気が引けるので眺めるだけ。
しかもお店に人がいなかった。

イタリアではお店に入るとき
『サルベ』(こんにちは、よりかしこまった言い方)
『ボンジョルノ(時間帯によってはボナセーラ)』
『チャオ』
など挨拶をして、たいていの場合が何を買う、何を探している、
ということをお店の人と話すのが普通。
大型スーパーやモールなどの場合は勝手に見て回って、勝手に触ってOKだけど
こういう専門店に入るときは、たいていお店の人に言って出してもらったり
見せてもらったりする。
買う気がないとき、ただ見たいだけ・・・って言うときは面倒だけど
相手はさすがのプロ。
探しているものがあれば、『これはどう?』『それなら、いいものがあるよ』
などと次々と出してくれる。
売る気満々、っていうよりも専門家としてアドバイスしてくれる人が多い。
もちろん気にいらなければ断ればいい。
でもどうもまだはっきりNOが言いづらい・・・。
一生懸命アドバイスしてくれるとなお更、言いづらい。
イタリア生活の私の課題です、これ。はい。

でもこういうやりとりの習慣があるのは、買い物を楽しむ要素のひとつだし
人と人とのつながりがあっていいな、と思う。
パン屋でパンを買うだけでも、いつものお店に行けば
『チャオ、ベッラ!いつものでいい?』
とニコニコしながら聞かれるけど、
日本のパン屋やコンビニで買う分には、きっと会話はほとんどいらない。
便利な分、機械的になって人間味が少なくなっているような。
そう、イタリアはいろんなことに不便だけど、良い意味で人間くさいのです。

話がそれてしまったけど、お散歩はまだまだ続きます。vol.2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mareazzurro.blog38.fc2.com/tb.php/152-af205817

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ジェノバの時刻

ジェノバの天気

Click for Genoa, Italy Forecast

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

絵文字(コメント欄で使用可♪)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。