リグーリアの暮らしの話。

イタリア・ジェノバより~育児・料理・時々猫も。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-28 [ Thu ]
タイトル通り、ご近所(お隣さん)の家はただ今改装工事中で、
始まって以来すでに3ヶ月位(だったかな・・・よく覚えてませんが)経っています。
以前は別の家族が住んでいたのだけど、今は小さい女の子がいる家族が買い取って、
工事が済み次第、引っ越してくる予定なのです。

*この後、ととちゃんの長いグチになりますので
時間、興味無い方はスルーしてください。


何が大変って、お察しの通り、
騒音ですよ、騒音!
始まりの頃は、壁のタイルをドリルでガガガガガー!!っと落としたり
物を運んだりする音がものすごくて、
フェデリコもその音に驚いて、私にしがみついてきては泣いてしまうほどでした。

こう毎日、朝から夕方まで
(早いときは8時から、遅い時は21時頃までの時もありました。これって違法なはずなんですけどね。)
ガガガガガー、ガシャンガシャン
とやられてしまうと、仏の私(?)もさすがに腹がたってくるってもんです。
ドアを叩いて
「いい加減にしてよ!何時だと思ってんのよ!」
と、どっかのおばちゃんみたいに叫びたい日も、正直何度かありました。
でもですね、そうもいかない理由があるのです。
お隣に引越してくる予定の男性(女の子のパパ)は、パパさんが昔から知っている友人でして。
その工事をたまに手伝っている男性も、これまたパパさんの友人、
しかも近所に住んでいる人でして。
お隣さんは何度か会ったことがあるけれど、とても感じの良い人たちだし
フェデリコに気を遣って、
「だいたい何時にお昼寝する?その時間は仕事をやめるように言うから。」
とまで言ってくれたのです。
結局、
「フェデリコのお昼寝タイムは日によってまちまちだし
寝室のドアを閉めて寝かすから大丈夫。」
と言っていたんですけどね。
あー、今となってはそう言ってしまったのもちょっと後悔。

騒音だけではありません。
ちょうど我が家のキッチンの壁がお隣さん側になるのですが
ここ最近壁にカビが生えてるじゃないですか。
ここ最近じめじめとした天気が続いている中、お隣さんが壁を塗って
乾きが悪いため、湿っているのが原因と思われます・・・。

ああ、でもお隣さんはパパさんの友人。
しかもいい人達です。
私もパパさんもここまでは100歩以上譲って我慢しました。

が、しかし今日という今日は我慢の限界!でした!!

いや、我慢する、という領域ではなかったんです!

だってものすんごい悪臭が漂っていたんですから。
夕方6時頃、フェデリコと遊んでいた時、なんとなくシンナーの匂いがしたので
「ん?パパさんが何か修理するのに接着剤でも使ったのかな?」
と思ってたんですが、どーもその匂いはおさまらない。
でもフェデリコの面倒を見ていたせいで、すっかりパパさんにそのことを聞くのを
忘れていたんです。
そのうち、なんだか胃がもたれたような感じがして、気持ちが悪くなったので
別の部屋にいたパパさんに言うと、
「きっと風邪じゃない?僕もなんだか胃のあたりが気持ち悪い。」
と言って、いや。もしかしたら甘いものの食べ過ぎかもね、
ということで落ち着いていたんです。
が、ちょうど遊びに来ていた義母が帰ろうとして玄関のドアを
開けた途端・・・
息もできないほどのシンナーの匂いが!
見ると、お隣さんの玄関ドアの外にバケツが3つ置かれていて
悪臭の原因はそこでした。
中には床を磨く洗浄剤が入っていたようで、蓋はしてあるものの
ものすごい匂いを放ってました。
パパはそれを見た途端、プチっとキレて
「警察を呼ぶ!」
と言ったほどです。
すぐにお隣さんのドアを叩くも、誰もおらず、
すでに作業を終えて帰宅したようだったので、悪臭の原因をとりあえず
外に運び、近所に住む友人(たまに作業を手伝う方の)がたまたま外を歩いていたので
ベランダの外から
「どうなってるんだ、どうしてこんなところに放置するのか、
こっちはみんな気分が悪くなってるんだ、警察を呼んで訴えることもできる、云々・・・」
と言うと、どうやら同じ建物に住むご近所さんからも苦情が来ていて
困っているところだった模様。
彼がお隣さんに連絡して、すぐに来てもらうことに。

幸いにもフェデリコは体調が悪くなる様子もなく、
ご飯もいつもの様にたくさん食べてくれたので、ホッとしました。
パパさんも初めはプチっとキレましたが、長年の友人ということもあって
警察は呼びませんでした。

お隣さんは後で我が家に来て謝ってくれましたが、彼のせいではないし。
彼が電話で工事をした人に聞くと、
「今までそんなに匂いが漂うこともなかったし、
外に置いていても誰も何も言ってこなかった。」と無責任なことを言っていたそうです。

悪臭の漂うバケツを玄関の外に(なぜ家の中ではなくて、外なのかが謎ですが)
放置したままで、
子供が万が一通りかかって遊んだら?
タバコの火をつけたら、一瞬にして火事になりそうなくらいのシンナーの匂いだったのに
周りに迷惑をかけるのも予測できない?

ホントに呆れるほどです。
いったいこの怒りをどこにぶつけたらよいのやら・・・
分からなかったのでブログに書いてみました。

長々とすみません。
読んでくれた方、ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

とっても良く判ります。
またその「パパさんの友人←悪い人じゃない」っていうのがみそ。
私も違う状況だけど
文句を言っても相手にきかない。
泣き寝入りをするしかない状況が腹立たしい。
いい訳は聞きたくない、少し向上心を持ったらどうなのよ。
と百万回切れた私です。
在住の人はアンチイタリアにならないのかしら?(笑)(私だけ?)
それでも愛する者がイタリアにいる限り我慢していかなきゃいけない者同士
(愚痴はいつでも聞きますから)頑張りましょうね

ひどいですね。。
友人の弁護士から聞いた話で、彼が実際に担当した裁判を思い出しました。
あるご婦人がいつものように家を出た途端に体が固まって動かなくなってしまった。助けを求めて救急車で病院に運ばれ、検査の結果「毒ガス」を吸ったことが原因と分かりました。
この毒ガス、お隣が自分の家の庭に撒いた農薬から発生したものだったとか。。。
ここまで大袈裟じゃないにしろ、ちょっと類似してませんか?
我慢はダメですよ、言われなきゃ分からない人たちです。我々の常識でイタリア人を図ってはいけないです。言わないほうが負けの国です、たとえパパさんのご友人でも同じことが起こったら必ず言ってくださいね。

ヒドっ!

あの工事の音、というかイタリアの家自体、音がすごく響くんですよね。上の階のトイレの水を流す音が聞こえるくらいだから...。
うちも以前住んでいた家や、今の家でも工事をしていて、ガガガガ...ドドドド...!あの音を聞くと落ち着かなくて、家の中に居るのがイヤになってきます。直接接している階じゃなくてもカナリうるさい。
特に子供がお昼寝をしている時なんて、ほんとイライラ&ヒヤヒヤものですよね。
まぁ、我家の改装工事も半年かかったので、長い間このアパートの方に迷惑をかけていたでしょうけど。。。
普通、こういう工事の騒音は半日で終わるのに、夜までってヒドいですね。よっぽど工事が遅れて急かされているのでしょう。こんな迷惑、愚痴りたくなるのも当然です。
早く工事が終わって落ち着いた日々が過ごせますように。

お返事

soreseさん

soreseさんも常識はずれのイタリア人、たくさん経験されてるようですね。
今回の件で「言いたいことは言うべき!」(少なくともイタリアでは)
ということを学びました。
「子供に支障がなかったのがよかったけれど、もし何かあったら
お隣さんが友人だろうといい人であろうと、警察呼ぶから!」
ってダンナにも言いました。
騒音なら我慢できるけれど、今回の件は常識の範囲を超えてましたから。
もうこういうことが起きないのを願ってますが、イタリアではいろいろなことが起きますよね・・・
アンチイタリアですよ~、私も(笑)。
soreseさんや同じ在伊の人に聞いてもらえるだけですっきりしますね!
ブログをやっていてよかった~。

お返事

のりこさん

そんな事件があったんですか。今回のことにちょっと似てますね。
人事とは思えないような・・・。
なぜバケツを外に放置したのか、っていうところが未だに謎です。
多分、床を磨いた後で、家の中を汚したくなかったからでしょうが、
そう考えると余計に腹がたってきます。
次の日の朝はこそこそ~っと作業して、午後には帰っていったので
ちょっとは悪かったと思っているみたいですけど、謝ることはないですね・・・(怒)
もうすぐ工事が終わる(予定)らしいので、何も起きないことを願ってますが
また何かあったら今度こそは訴えようと思います。
愚痴聞いてもらってありがとうございます!

お返事

Mitsiさん

そうなんですよね、イタリアの家って音が異常に響く!
基本が石だから、っていうのもあると思うんですけど、
イタリアの建築技術もどうなのよ?って思います・・・。
我が家も工事をした時にご近所さんに迷惑をかけたし、今ではフェデリコが泣いたり、
と騒音のことに関してはお互い様かな、と思って我慢してたんですけど
今回の件は常識の範囲を超えてました。
夜まで工事をしていた時も、作業のひとたちが口笛吹いたり歌ったりしながら
やっていて(家がからっぽだから音が響くんです)、
はっきり言って進んでないからだと思います!
陽気なのもほどほどにして欲しいものです。。
早く工事が終わることを願ってますが、お隣さんが引っ越してきて顔を見るのも
なんだか複雑になってきました。ダンナは考えすぎ、っていうんですけどね~^^;
ご近所づきあいも難しいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mareazzurro.blog38.fc2.com/tb.php/294-32cfd1b9

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ジェノバの時刻

ジェノバの天気

Click for Genoa, Italy Forecast

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

絵文字(コメント欄で使用可♪)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。